認知症対策・フレイル対策事業

神奈川衛生学園地域連携事業


 ※下記タイトルをクリックすると詳細ページに遷移します。
1. 2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)
 ~神奈川衛生学園専門学校協力講座~
  2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)
 ~神奈川衛生学園専門学校協力講座~
  2017年度 横須賀市市民大学(前期講座)
 ~神奈川衛生学園専門学校協力講座~
2. 2019年度 東洋医学一般公開講座
 ~神奈川衛生学園専門学校主催、横須賀市後援~
  2018年度 東洋医学一般公開講座
 ~神奈川衛生学園専門学校主催、横須賀市後援~
  2017年度 東洋医学一般公開講座
 ~神奈川衛生学園専門学校主催~


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.05.27

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 5月22日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第1回テーマ:東洋医学の健康観について
 ~健康・美容・ストレス・生活習慣病・健康長寿・フレイル・認知症などを一括分析~
 講 師:兵頭 明(学校法人後藤学園 中医学教育臨床支援センター センター長)

【兵頭センター長コメント】
 厚生労働省は2040年までに健康寿命を男女とも3年以上延伸させ、男性は75.14歳、女性は77.79歳以上をめざすとする方針を2019年3月28日に打ち出しました。加齢に伴って心身の活力が低下する「フレイル」や認知症の予防対策をすすめようとするものです。この喫緊の課題解決のためには、東西医学融合によるアプローチが大いに期待されるところです。
 今年度は120名の方々が本講座に参加登録されました。ありがとうございます。第1回目の講座では、東洋医学のサイドから「健康、健食、健美、健寿、健脳」を連動させた全人的・総合的な観点に立って、フレイル対策、認知症対策のための解決の糸口を120名の参加者と一緒に探ってみました。そして、「健康・美容・ストレス・生活習慣病・健康長寿・フレイル・認知症」などのテーマが、東洋医学の考え方にもとづくとどのように連動しているのか、その連動性についても考え方を共有させていただきました。
 体内や脳内や血中などにゴミを作らない、溜めないためには、体内や脳内や血中の「気・血・津液」の循環が大切になり、これらの循環を決定しているのが、呼吸法と内臓(五臓)の働きなのです。
 世界保健機関(WHO)では、セルフメディケーション(Self-medication)を「自分自身の健康に責任を持ち 軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。ツボは、自己調整能をもったスイッチです!認知症・フレイル・生活習慣病の予防・改善を目的に、「気・血・津液」の循環を良くし、五臓をそれぞれ整えるツボのとり方と刺激の仕方を指導させていただき、120名の参加者と一緒にツボを使ったセルフケア、セルフメディケーションを実際に実践してみました!「継続は力なり!」です。
 横須賀市の市民の皆様の「元気」が、横須賀市をいっそう「元気」にさせることでしょう。 そのためにも本講座(全10回)を担当させていただきます神奈川衛生学園専門学校の講師陣は、皆様が「いつまでも元気でいるヒント」を東洋医学のいろいろなジャンルから精一杯、情報を提供してまいりたいと思っております。多くの市民の皆様との東洋医学交流の機会をご提供いただきました横須賀市生涯学習財団の関係者の皆様にも心より感謝申し上げます。

【講演の様子】
     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.06.10

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 6月5日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第2回テーマ:東洋医学による認知症の予防と実践
 ~健康・健美・健寿・健脳のためのツボというスイッチの使い方~
 講 師:兵頭 明(学校法人後藤学園 中医学教育臨床支援センター センター長)

【兵頭センター長コメント】
 政府は2019年5月16日に、70代に占める認知症の人の割合を、2025年までの6年間で6%減らすとの数値目標(後に参考数値と改められた)を公表しました。予防の取り組みによって発症年齢が1歳遅れた場合、70~74歳の有病率は相対的に9,7%減少し、75歳~79歳の有病率は13,1%減少するとのことです。
 これから全国で色々な取り組みが行われ、一定の成果が出ることを、心より期待しております。後藤学園は(一社)老人病研究会とともに医療・介護・鍼灸3分野連携をベースとした「認知症鍼灸プロジェクト〔文部科学省委託事業〕」に取り組んでまいりました。

 本日の講座では、まず東洋医学の考え方にもとづいた体質別・生活習慣病の予防・改善という角度から、ご自身のツボというスイッチを使った認知症予防への取り組み方[実践編]について紹介をさせていただきました。
 次に、トータル・ウェルエイジングを目的として、「「腎」「精」の力&先天力のサポート」「「正気」の力&後天力のサポート」「内臓機能(臓器予備能)の活性化」のためのツボをご紹介し、フレイル対策と認知症対策が連動しているという考え方も共有させていただきました。
 最後に、加齢に伴い男女とも70歳になると、15歳の時に比べると脳血流量が30%以上減少しているという報告を紹介させて頂き、脳血流量の改善(健脳)を目的としたツボの刺激の仕方についても一緒に実践してみました。
 ※正気の力:自然治癒能力、レジリエンス、ホメオスタシス、免疫力、抵抗力等を概括する概念

【講演の様子】

     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.06.24

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 6月19日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第3回テーマ:東洋医学による認知症へのアプローチ
 ~健康・健美・健寿・健脳のためのツボというスイッチの使い方~
 講 師:兵頭 明(学校法人後藤学園 中医学教育臨床支援センター センター長)

【兵頭センター長コメント】
 本日は、まず軽度認知障害(MCI)、およびその10項目のチェック方法についてご紹介をさせていただきました。軽度認知障害となり何もしないと4年後に約50%の人が認知症を発症するという研究報告があります。一方で、愛知県大府市のように認知症予防を目的とした運動教室を開くなど、認知症予防に対するご高齢者への熱心な啓発活動により、「約740人のMCIの方々が4年後には46%の人が正常に回復し、40%の人がMCIのままで認知症に進行しておらず、認知症に進行した人は14%であった」という事例をご紹介させていただきました。

 次に、認知症の方に鍼灸治療でどのようにサポートをさせていただいているか、お一人お一人の力を引き出すことによって、どのように認知機能低下の抑制、行動心理症状の緩和につながり、そしてそれがQOLの向上につながっているかについて、お二人の事例についてご紹介をさせていただきました。「これらの結果を出しているのはご本人ですよ!ご本人の力なのですよ!このことを忘れないように!」、このことは私がいつも強調させていただいているメッセージです。

 東洋医学で重視している考え方の1つ、それはお一人おひとりが持っている力を、いかに引き出すかということです。お一人おひとりが持っているこの「正気の力(自然治癒能力、レジリエンス、ホメオスタシス、抵抗力、免疫力などを概括する概念)」を引き出すために、ご自身のツボというスイッチを使ってみようという考え方と方法を、今回もご紹介させていただきました。

 本講座の4回目、5回目のテーマは、「ツボの極意」です。WHO(世界保健機関)が提唱している「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当する」というセルフメディケーション、まずご自身の首、肩、肘、腰、膝などの身体の不調をご自身のツボというスイッチを用いて、どのように改善、緩和させることができるか、「ツボを使ったセルフメディケーション」を実際に試してみてください。そしてご自身の症状が緩和したら、ご自身のツボに感謝してくださいね!

【講演の様子】

     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.07.08

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 7月3日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第4回テーマ:ツボの極意(1)
 ~健康・健美・健寿・健脳のためのツボというスイッチの使い方~
 講 師:飯野 享(神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科 学科長補佐)

【飯野学科長補佐コメント】
 第4回目となる今回のテーマは、“ツボの極意(1)”です。今日の天気はくもり。梅雨に入りジメジメした日が続いており、体調を崩しやすい時期です。そんな中でも、沢山の方々が受講されていました。今回は、皆さんお悩みが多い「首肩こり、肩肘の痛み、手の痛み、腰痛、膝痛」など整形外科的な症状に効果のあるツボについて学んで頂きました。

 今回は整形外科的な症状に対するツボが多かったので、東洋医学的な考え方だけでなく、現代医学的な考え方、筋肉や関節の運動についてなども交えながらお話をしました。また途中に、ストレッチの方法についてもご紹介しながら行いました。

 ツボの押し方にはコツがあるので、単純に位置が分かっても、押す向きや強さなどが上手くできないと「効くぅー」という感じがでません。皆さんとても熱心なので、こちらも気合が入ります。順番に回りながら、ツボを押して体感して頂きました。今回の講座で学んで頂いた「ツボ」を使って、セルフメディケーションに役立てて頂ければ幸いです。

 次回は、もう少し東洋医学的な考え方とツボについてお話しようと思います。そして体調管理に使いやすい「舌診法」についてご紹介しようと思います。

【講演の様子】
     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.07.22

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 7月17日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第5回テーマ:ツボの極意(2)
 ~健康・健美・健寿・健脳のためのツボというスイッチの使い方~
 講 師:飯野 享(神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科 学科長補佐)

【飯野学科長補佐コメント】
 第5回目となる今回のテーマは、“ツボの極意(2)”です。
今回は、「東洋医学のからだの捉え方とツボ」について講義を行いました。

東洋医学の考え方には「気」という独特の概念があり、理解するのが難しい印象があるかもしれません。しかし、人も自然の一部であり、人の中にも自然が存在しています。
東洋医学は、難しいことなど何もなく、「当たり前のこと」「日常に普通にあること」なのです。そんな考え方として、「陰陽学説」や、「五行学説(木・火・土・金・水)」についてお話をしました。東洋医学を身近に感じて頂けたら良いのですが。

そして、五臓それぞれの働きと、変調がおこるとどのような症状が出るかについて、具体的な例を挙げて紹介しました。そんな症状がある時は、そう!!ツボを使うんです。五臓に関するツボにプラスして、症状に合わせたツボをそれぞれ紹介し、皆さんでツボ押ししました。
第1~3回の講義で毎回のように登場したツボは、皆さんしっかりと覚えていました。素晴らしい!!

講義の後半は、舌で体調を知ることができる「舌診」について紹介しました。1日1回、セルフチェックすることで体調管理に役立てられます。色々な舌の状態や、苔の状態が身体からのどんなサインなのか。についてお話しました。そして、体調が分かったら・・。そう!ツボを使うんです。

今回、ご紹介したツボを活用して頂いて、皆さんの健康の一助になれば幸いです。

【講演の様子】
     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.08.19

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 8月7日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第6回テーマ:綺麗な姿勢と息遣い(1)
 講 師:内田真弘
 (神奈川衛生学園専門学校附属はりきゅう臨床施設
   横浜国際プールはりきゅうマッサージ室室長)

【内田室長コメント】
いい姿勢とは何か?いい呼吸とは何か?
知っているようで、実のところよくわかっていないこの姿勢と呼吸を東洋医学的、西洋医学的の両面からとらえていくこの講座。 猫背とは何か?いい姿勢は辛いから猫背はよくないと思っていても、結局猫背になってしまう?では本末転倒にしかなりせん。 そんなみんなが知っているようで実はよくわかっていない姿勢と呼吸についての講座になります。

腹式呼吸はリラックスさせるにはいい呼吸だから腹式呼吸を心がけましょうというのも やり方を間違えると逆効果なんですよ、という説明をすると、会場がざわつくのもいつもの事(笑)
東洋医学で言う気の巡りをよくするには、そもそもまずは気の巡りが良くなる姿勢と呼吸が出来なければ、鍼やお灸指圧などの治療効果も半減してしまうのです。

「気=息」であるという説明もこの講座では定番です。気が乱れる理由や、腰痛には感染する腰痛と感染しない腰痛があるんですという事にも、 多くの参加者が「えっ?腰痛ってうつるんですか?」というものにも、 日常生活の中で何気なく経験、体験していることから様々な病気について考えてもらうのもこの講座の特徴と言えます。

そうこの講座はただ覚えて帰ってもらう形式ではなく、実際に体験してもらいそして考えてもらう全員参加型の講座スタイルなのです。
次回8月21日はさらに姿勢と呼吸のディープな世界について一緒に学んでいきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。

【講演の様子】
     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.09.02

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 8月21日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第7回テーマ:綺麗な姿勢と息遣い(2)
 講 師:内田真弘
 (神奈川衛生学園専門学校附属はりきゅう臨床施設
   横浜国際プールはりきゅうマッサージ室室長)

【内田室長コメント】
前回の「気」とは「息」である、というところを、今回は実際に身体で体験してもらい、息遣いと姿勢の関係を深堀してもらいました。「地に足がついていない」とはどういうことなのか。気の巡りがいいとか、悪いというのは単に気持ちの問題ではなく、実際の体の使い方にも表れてくるという事を体験してもらいました。

「気は上がりやすく下げにくい」これも生理学的にも自律神経の仕組みを知ることで腑に落としやすくなります。今回は自律神経の働きと、呼吸の働きの関係を椅子からの立ち上がり動作と、座る動作、つま先立ち動作を例にして、ここに呼吸の変化をつけ、体の変化を体験してもらう事で、夏バテ予防や腰痛予防にまで話を広げて体験学習していただきました。気の巡りが悪いとは、言うなれば呼吸の仕方が適切でないと言えます。そして呼吸でも口呼吸と鼻呼吸ではその体感できる呼吸が異なるという事なのです。

姿勢とはその人の感情や思考が、無意識に過去の記憶や、現在の自分の置かれている環境などとの相互関係から作られるものと言えます。姿勢を整えるためには呼吸を整える必要が出てきます。そして呼吸を整えるためには姿勢を整える必要が出てきます。

運動とは言うなれば姿勢を変えるということになります。そしてその姿勢を司るのは呼吸なのです。鍼やお灸、指圧などの効果が高い人はそうでない人に比べて呼吸がいい。つまりはいい呼吸が出来ている、気の巡りがいい人であると言えます。
疲労感が抜けなくなるとは息が詰まっているとも言えるのです。慢性的な呼吸不全は不定愁訴と言われる病態に落ちりやすくなります。その為には普段の生活から鼻呼吸と背筋を伸ばすという事を心がけることが大事になると言っても過言ではありません。

鍼やお灸、指圧やあん摩のより良い効果を求めるならば、積極的に普段の呼吸と姿勢に気を使ってみてはいかがでしょうか?

【講演の様子】
     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.09.09

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 9月4日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第8回テーマ:東洋医学による生活習慣病の予防と実践
 講 師:田山盛二
 (神奈川衛生学園専門学校主事・付属はりきゅう臨床施設院長)

【田山主事コメント】
 本講座の8回目として「東洋医学による生活習慣病の予防と実践」というお題で、120名の横須賀市民の皆様に2時間に亘りお話しさせて頂きました。
 前半はメタボリックシンドロームから生活習慣病への道程、国民医療費の観点からの予防の必要性を、我が国における悪性新生物、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病、脂質異常症、高血圧症の各患者数と医療費負担の現実を、おどろおどろしいスライドを使いながらお話し、後半では、東洋医学的観点から痰湿,瘀血、気滞を取り去り、メタボリックシンドロームを改善予防する方法と、行動変容を目的とした現代医学的知識、食事内容の見直し、運動の仕方を自身で考えていく方策をお話しさせて頂きました。

 締めくくりに、特定健康診査で、毎年肥満度Ⅰの判定を受け、情報提供を受ける私がお話しして良い内容とは思えないジレンマを感じつつ、本講座の前半で兵頭センター長が話した東洋医学の考えに基づく、気血津液を充分に巡らせ、より良いエンジンで、より良いガソリンを供給し、燃えカスを出さずに「生涯健康で生きて参りましょう」とエールを送り終講してまいりました。

 今回参加して頂いた横須賀市民の皆様はもとより、ご家族や近隣の方々にも積極的に本講座の内容を啓蒙して頂き、少しでも健康の維持増進に役立てて頂くと共に「生涯健康で生きる、健康寿命を延ばすこと」に活かして頂ければ幸甚です。

【講演の様子】
     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2019.09.30

2019年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で実践する“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 9月18日(水)10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)
【定員】120名

 第9回テーマ:東洋医学による腰痛・膝痛の予防と実践
 講 師:田山盛二
 (神奈川衛生学園専門学校主事・付属はりきゅう臨床施設院長)

【田山主事コメント】
 「腰痛・膝痛の予防と実践」というお題で、本講座の第9回目を仰せつかり、先回の「生活習慣病の予防と実践」に引き続き、約120名の横須賀市民の皆様に2時間に亘りお話しさせて頂きました。
 まずは、第4次安部改造内閣が最重要課題に掲げる「我が国の少子高齢化問題」の再認識を促すために統計資料に基づいたお話をし、その統計マジックとあたかも高齢者が増えることが悪のような社会風潮の誤りをお話ししました。また、現在のご高齢者の高い就業意欲、金銭的対価よりも自身の経験を活かし社会参加したい意思の高さのお話をし、その最大の障壁が健康問題、特に「生活習慣病」と「腰痛・膝痛などの運動器疾患」であることを確認して頂きました。

 QOLを無視した寿命を全うする=健康寿命ではありません。天寿を全うする=生涯健康で生きる=健康寿命です。その健康寿命を延ばす秘訣が東洋医学の中にあるというこの講座の一番大事な肝を確認させて頂きました。そして、これまで8回の本講座で得た東洋医学の考えに基づく、健康寿命を延ばすための“ツボ押し”、“呼吸”、“運動”を復習し、様々な未病の段階での身体のサインの確認の仕方と対処方法を最終確認し、今回の講座を終了致しました。

 今回参加して頂いた横須賀市民の皆様はもとより、ご家族や近隣の方々にも積極的に啓蒙して頂き、少しでも健康の維持増進に役立てて頂くと共に「生涯健康で生きる、健康寿命を延ばすこと」に活かして頂ければ幸甚です。

【講演の様子】
     

     

     


神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.05.28

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

第1回テーマ:東洋医学の健康観
     ~健康・美容・ストレス・生活習慣病・健康長寿・認知症などを一括分析~
   講 師:兵頭 明(学校法人後藤学園 中医学研究所所長)

【兵頭所長コメント】
今回の東洋医学講座は募集定員80名のところを136名の市民が参加登録をされました。 このことから横須賀市民の健康志向の高さ、および東洋医学への関心度の高さをうかがい知ることができました。 横須賀市のご高齢者の「元気」が、横須賀市をいっそう「元気」にさせることでしょう。 このためにも本講座を担当させていただきます神奈川衛生学園専門学校の講師陣も精一杯、 皆様が「いつまでも元気でいるヒント」を東洋医学のいろいろなジャンルから情報を提供してまいりたいと思っております。


 第1回講演スライド・ダイジェスト版

【講演の様子】
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.06.11

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第2回テーマ:東洋医学による認知症の予防
     ~健康・健美・健寿・健脳のためのツボというスイッチの使い方~
   講 師:兵頭 明(学校法人後藤学園 中医学研究所所長)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 6月6日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【兵頭所長コメント】
「人生100年時代」への備え&実践を「健康・健美・健寿・健脳」のサイドから、連動させて一緒にやってみましょう。 前回は、東洋医学の健康観について紹介させていただきました。身体の中に「ゴミ」が溜まると「生活習慣病」になってしまいます。 「ゴミ」を作らない、溜めない、溜まったゴミは取り除こう、この「インナービューティー、トータルビューティー」の考え方が、 東洋医学の健康観でした。生活習慣病の予防・改善、認知症の予防も、「健美」を中心テーマにすればきっと長続きすることでしょう。
今回は、これを実践するために、自己調整能力をもっているご自身の「ツボというスイッチ」の活用法をご紹介いたします。 ご自身のツボというスイッチを日々活用して、生活習慣病の予防と改善、認知症予防のためのセルフケア、 セルフメディケーションに今からチャレンジしてみましょう。「備えあれば憂いなし」です!


 第2回講演スライド・ダイジェスト版

【講演の様子】
     

     


TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.06.25

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第3回テーマ:東洋医学によるメタボリックシンドロームの予防
   講 師:田山盛二(神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科 主事)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 6月20日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【田山主事コメント】
 「東洋医学によるメタボリックシンドロームの予防」というお題を仰せつかり、メタボリックシンドロームから生活習慣病への道程、国民医療費の観点からの予防の必要性、現代医学的観点と東洋医学的観点双方からのメタボリックシンドロームの回避方法を中心に、BMI25.4.・ウエスト88㎝の私が、反面教師として136名の横須賀市民の皆様に2時間に亘りお話しさせて頂きました。
 我が国における悪性新生物、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病、脂質異常症、高血圧症の各患者数と医療費負担の現実をおどろおどろしいスライドを使い話した後、改善するための行動変容を目的とした現代医学的知識、食事内容の見直し、運動の仕方、そして先回までに兵頭所長が話した東洋医学の考えに基づく、気血津液を充分に巡らせ、より良いエンジンでより良いガソリンを供給し、燃えカスを出さずに済む方法をツボ押しや食養生を交えお話させて頂きました。
 今回参加して頂いた横須賀市民の皆様はもとより、ご家族や近隣の方々にも積極的に啓蒙して頂き、少しでも健康の維持増進に役立てて頂ければ幸甚です。

【講演の様子】
     
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.07.09

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第4回テーマ: 綺麗な姿勢と息遣い①
 講 師:内田真弘
 (神奈川衛生学園専門学校附属はりきゅう臨床施設
   横浜国際プールはりきゅうマッサージ室室長)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 7月4日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【内田室長コメント】
 東洋医学的な見方からの姿勢と息遣いについて 世の中には養生法、健康療法としての実に様々な呼吸法やいい姿勢とは何か?というものが多い中、この講座では姿勢と息遣いを「質量のある物質」からとらえる事よりも「質量のないエネルギー」から考えてもらうという事をキーワードに行わせていただきました。
 そもそも東洋医学でいう「気」とは何かということを普段の生活の実体験からとらえてもらうことに重点をおいて病気とはどういうことなのか、うつる腰痛とはどういうことか?などについて抽象的になりやすい東洋医学の考え方を西洋医学的観点からもふまえて講義をさせていただきました。 まずは「会場の空気を変える」お互いの息つまりは気を感じてもらうことで「気」を肌で感じてもらうことからなぜ姿勢と息遣いが大切なのかを感じてそして考えてもらいました。

【講演の様子】
     
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.07.23

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第5回テーマ: 綺麗な姿勢と息遣い②
 講 師:内田真弘
 (神奈川衛生学園専門学校附属はりきゅう臨床施設
   横浜国際プールはりきゅうマッサージ室室長)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 7月18日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【内田室長コメント】
 1回目に引き続き復習もかねて脳の作りや機能そこから鼻呼吸の重要性についての話から入り、実際に体を動かしての呼吸と姿勢を変えることによって身体の感覚が変わることを体験してもらいました。
 恐怖心 不安 猫背とはどういうことなのか、感情と筋肉は切り離せないということは東洋医学でのとらえ方だけではなく「心身一如」という言葉にも病気という気の病とは何を意味するのかなどを説明しながら実際に指圧や鍼治療、マッサージを受ける時の受ける側の心構えまで含めて、気遣い、心遣い、身体遣いまでについて講義させていただきました。
鍼の効果が高い人低い人 そこには「気のせい」という単に思い込みが強いか弱いかという事ではなく姿勢と息遣いが関係しているという事 ストレスに対する処理の仕方にも実は息遣いが関与しているというところまで掘り下げた話をさせていただきました。
 姿勢と呼吸については今回が最後という事もあり講義終了後も質問に来られる方もいらっしゃいました。姿勢と息遣いを通じて東洋医学をもっと身近に感じていただけるようになっていただけたら幸いです。

【講演の様子】
     
     
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.08.06

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第6回テーマ: ツボの極意(1)
 講 師:太田祐志(後藤学園中医学研究所研究員、
          認知症Gold-QPD シルバーコース修了者)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 8月1日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【太田研究員コメント】
第6回目となります、今回のテーマは”ツボの極意”。

東洋医学の中でもツボについて理解を深めて頂けるようお話しさせて頂きました。なぜツボ(経穴)に効果があるのかという点について、東洋医学の視点から考えていきました。ツボを説明するうえで欠かせない経絡(けいらく)という考え方。

経絡とは。東洋医学においてからだに必要なものとして考えている、気や血を運ぶルートです。経絡は手足の指から始まり、筋肉や内臓とつながり全身をめぐっています。ツボはその経絡の上に存在するものです。

経絡の中でも、特にからだの反応が出やすいポイント、効果が出やすいポイントがツボということです。経絡の考え方があるからこそ、ツボが様々な症状所見に効果を出すことができるのです。

ツボの構造を理解して頂いた上で、今回は、首肩凝り・腰痛・膝痛に効果のあるツボをご紹介しました。また、うまく刺激を与えられるようにツボを刺激する際のコツなどもお話しました。あとは、受講者の方々が継続してツボを刺激して頂くことを願うばかりです。

長年の凝りは1,2日では解消できるものではありません。継続してツボを刺激し、より健康により充実した生活を送って頂きたいと思います。

【講演の様子】
     
     
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.09.03

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第7回テーマ: ツボの極意(2)
 講 師:飯野 享(神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科 学科長補佐)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 8月22日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【飯野学科長補佐コメント】
 第7回目となる今回のテーマは、“ツボの極意 2”です。前回の太田先生のお話を基礎にして、ツボや経絡を使ってのセルフケア方法についてお話させて頂きました。
 お盆明けすぐの講義日程でしたが、とても多くの方にご参加頂き、会場もほぼ満員でした。 ツボは、反応点であり治療点でもあります。ツボにどんな反応が出やすいか。どのくらいの強さでどのような向きに押せばよいのかなど。ちょっとしたコツについてもお話しながら説明しました。 セルフケアとして行うには押しやすい場所が良いので、腕や足、顔面部、頭部のツボを中心にツボを選びました。
 頭痛、眼精疲労、耳鳴り、難聴、こむら返り、ぎっくり腰、足のむくみ、冷え性、不眠、風邪、倦怠感などなど様々な症状について、東洋医学的な考え方や、時には西洋医学的な考え方も簡単にご紹介しながら行いました。
 もう一つのセルフケア方法として、経絡の流れを利用したストレッチ方法をご紹介しました。痛みの出る動きを確認して、ストレッチする部位を決めていきます。参加者の方にも、実際に動いて頂き皆さん一緒にストレッチを行いました。
 今回の講座で学んで頂いたことを継続して頂き、また周りのご友人やご家族の方にお伝え頂いて、皆さんが元気で健康に日々を過ごしていただけたら嬉しいです。

【講演の様子】
     
     
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.10.15

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第8回テーマ: 健康維持の為の鍼灸マッサージ治療院の活用法
 講 師:森 俊行(学校法人後藤学園 理事)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 9月5日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【森理事コメント】
 二千年前とも三千年前とも言われる昔から行われてきたお灸療法は、現在でも商品として工夫され、『千年灸』などの様に誰でも家庭で簡単に使える東洋医学のツールとして、ドラックストアや通販で簡単に手に入れることが出来ます。
 こんな身近にある東洋医学ツールであるお灸を使ったセルフケアの方法を、冷え症・夏バテなど、この季節にありがちな症状の対処法を例に皆さんにお伝えいたしました。
また、比較的安価で鍼灸マッサージ療法を体験する方法として、横須賀市が行っている高齢福祉向けの行政サービスである、「シニアリフレッシュ券」の利用法などを紹介し、未病治の観点から多くの皆さんに、健康管理の場として地域にある鍼灸マッサージ治療院を活用することを提案いたしました。
 受講生の皆さんの健康生活に,お伝えした知識や情報がお役に立てば幸いです。
 大変熱心に受講頂き有難うございます。

【講演の様子】
     

     

     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.10.15

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第9回テーマ: 養生とマッサージ
 講 師:笹倉淳子(神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科 学科長)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 9月19日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【笹倉学科長コメント】
 第9回目となる今回のテーマは、“養生とマッサージ”です。今回もとても多くの方のご参加があり、会場もほぼ満員でした。非常に熱心に受講していただき、資料に書き留められ、また実践も真剣に取り組んでくださり、受講されている方々の健康への熱意を改めて感じました。
 健康や長寿を考えるときに、『養生』という言葉を耳にしますが、養生という言葉の成り立ち、どのように思想が生まれたのかといったことから現在の養生の考え方までお話しさせていただきました。実際に長寿であった方々を例として挙げ、生活していくうえでのヒントとなることをご紹介しました。
 さらに養生法の一つとなるマッサージについて、理論と実践を行いました。実践では、まずマッサージの際に必ず使うご自分の「手」と「身体」を意識する時間を設け、そのうえで、ご自宅でできる セルフマッサージを実際に皆さんと一緒に行いました。
 第4回、5回での息遣いを再度意識して、ゆったりと呼吸をしながらご自分の身体をケアしていくことの重要性をお伝えし、第6,7回で取り上げたツボを取り入れながら、首、頭、顔、手、足の各部位についてセルフマッサージを行いました。セルフでやるときにはご自分の手だけでやらないように、体を上手く利用して行うと良いといったようなポイントを随所でお伝えしました。
 「心静かに身体は動かす」ことを意識して、笑顔で元気に、ご自分なりの養生法を習慣として行っていっていただければ幸いです。

【講演の様子】
     
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2018.10.22

2018年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で学ぶ“健康の秘訣”』
      ~いつまでも元気でいるヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

 第10回テーマ: 健康寿命を延ばすためには
 講 師:田山盛二(神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科 主事)

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【日時】 10月3日(水) 10:00~12:00
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター
     (まなびかん 5階 大学習室)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

【田山主事コメント】
 「健康寿命を延ばすためには」というお題で、本来は本講座の締めくくりとして新井学校長がお話しする予定でしたが、急な校務出張の為ピンチヒッターを仰せつかり、136名の横須賀市民の皆様に2時間に亘りお話しさせて頂きました。
 まずは、第4次安倍改造内閣が最重要課題に掲げる「我が国の少子高齢化問題」の再認識を促すために統計資料に基づいたお話をし、その統計マジックとあたかも高齢者が増えることが悪のような社会風潮の誤りをお話ししました。また、現在のご高齢者の高い就業意欲、金銭的対価よりも自身の経験を活かし社会参加したい意思の高さのお話をし、その最大の障壁が健康問題であることを確認して頂きました。QOLを無視した寿命を全うする=健康寿命ではありません。天寿を全うする=生涯健康で生きる=健康寿命です。その健康寿命を延ばす秘訣が東洋医学の中にあるというこの講座の一番大事な肝を確認させて頂きました。
 そして、これまで9回の本講座で得た東洋医学の考えに基づく、健康寿命を延ばすための“ツボ押し”、“呼吸”、“運動”を復習し、様々な未病の段階での身体のサインの確認の仕方と対処方法を最終確認し、本講座を終了致しました。
 今回参加して頂いた横須賀市民の皆様はもとより、ご家族や近隣の方々にも積極的に啓蒙して頂き、少しでも健康の維持増進に役立てて頂くと共に「生涯健康で生きる、健康寿命を延ばすこと」に活かして頂ければ幸甚です。

【講演の様子】
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 社会連携事業2017.05.29

2017年度 横須賀市市民大学(前期講座)

◆『東洋医学で考える健康と病気について』〔2〕
  ~身近にある東洋医学から健康のヒントを学びましょう!~
             【神奈川衛生学園専門学校協力講座】

【主催】 公益財団法人 横須賀市生涯学習財団
【会場】 ウェルシティ市民プラザ 横須賀市生涯学習センター(まなびかん)
【カリキュラム】 全10回 (クリックで詳細表示します)

 >>【兵頭所長コメント】

 第1回講演スライド・ダイジェスト版
 第2回講演スライド・ダイジェスト版
 第3回講演スライド・ダイジェスト版

【講演の様子】
     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2019.06.10

~2019年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:5月28日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:フレイル予防講座&チェアエクササイズ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)

講師:
 兵頭 明  (後藤学園中医学教育臨床支援センター センター長)
 朝日山一男 (神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))

【コメント】
 今年度から「東洋医学 一般公開講座」では、お一人おひとりの参加者の学習効果をアップしていただくために、学生さん達が取穴のサポート&エクササイズのサポートをさせていただくことになりました。 学生さん達も一般の方々との触れ合いの機会、コミュニケーションの機会を得て、とても良い雰囲気で、とても活き活きとサポートをしていました。

【フレイル予防講座の様子】

     

     

     

写真1:受付スタート
写真2:東洋医療総合学科 飯野享学科長補佐による講座ガイダンス
写真3:東洋医療総合学科 田山盛二主事開講の挨拶
写真4:兵頭明先生によるフレイル予防講座スタート
写真5~写真9:学生による取穴サポートの様子


【チェアエクササイズ講座の様子】

     

     

     

写真1:朝日山先生によるエクササイズ講座スタート
写真2:朝日山先生によるエクササイズの趣旨説明
写真3:エクササイズ開始
写真4~写真8:学生によるエクササイズ・サポートの様子
写真9:お疲れ様でした!


[案内チラシPDF]
※募集は終了いたしました。


神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2019.07.01

~2019年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:6月25日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:認知症予防講座①&チェアエクササイズ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)

講師:
 兵頭 明  (後藤学園中医学教育臨床支援センター センター長)
 朝日山一男 (神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))

【兵頭センター長コメント】
 高血圧の人は脳血管性認知症の発症リスクが3,4倍に、そして糖尿病の人はアルツハイマー型認知症の発症リスクが4,6倍になるとの研究報告があります。このことから、認知症の予防の1つとしては、生活習慣病の予防、改善がとても大切だとされています。
 東洋医学の角度から見ると、生活習慣病は気血水の循環障害が引き金になると考えられています。本日は、まず気血水の循環がうまくいっているかのツボ反応のチェックを試していただきました。
 内臓はいわば体全体のエンジンです。脳の働きを保つためにも、エンジンである内臓の働き、役割は大きいのです。五臓のチェックシートのそれぞれのポイントを中医学健康チェック表に記入して頂き、ご自身の五臓の調子のバランス状態を、東洋医学的に知ってもらうことにいたしました。そして、五臓の調子(虚・実の状態)が現れやすいツボ、「原穴グループ」のツボの取り方を学生さん達にサポートして頂きながら、しっかりとツボシールを貼っていただきました。最後に、ツボの刺激の仕方をご紹介し、実践していただきました。

【認知症予防講座の様子】

     

     

     

写真1:受付スタート
写真2:講座前の医療面接&バイタルチェック
写真3:東洋医療総合学科 飯野学科長補佐による開講の挨拶
写真4:兵頭先生による認知症予防講座スタート
写真5:認知症予防講座の様子
写真6~写真9:学生による取穴サポート


【フレイル予防講座の様子】 チェアエクササイズ&フロアエクササイズ

     

     

     

写真1:朝日山先生によるエクササイズ講座スタート
写真2:朝日山先生による本日のエクササイズの趣旨説明
写真3:エクササイズ開始
写真4~写真8:学生によるエクササイズ・サポートの様子
写真9:お疲れ様でした!


[案内チラシPDF]
※募集は終了いたしました。


神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2019.07.08

~2019年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:7月2日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:認知症予防講座②&セラバンドエクササイズ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)

講師:
 兵頭 明  (後藤学園中医学教育臨床支援センター センター長)
 朝日山一男 (神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))

【兵頭センター長コメント】
 本日は、まず軽度認知障害(MCI)、およびその10項目のチェック方法についてご紹介をさせていただきました。そして、愛知県大府市のように認知症予防を目的とした運動教室を開くなど、認知症予防に対するご高齢者への熱心な啓発活動により、「約740人のMCIの方々が4年後には46%の人が正常に回復し、40%の人がMCIのままで認知症に進行しておらず、認知症に進行した人は14%であった」という事例をご紹介させていただきました。

 本校が開催している東洋医学一般公開講座では、東洋医学の考え方にもとづいたツボを使ったフレイル対策・認知症対策、ならびに運動教室としてはチェアエクササイズ、フロアエクササイズ、セラバンドエクササイズ、マットエクササイズ、ジムボールエクササイズ、ラダートレーニングによるフレイル対策・認知症対策に取り組んでおります。

 本日の認知症予防講座②では、トータル・ウェルエイジングを目的として、「「腎」「精」の力&先天力のサポート」「「正気」の力&後天力のサポート」「内臓機能(臓器予備能)の活性化」のためのツボをご紹介し、フレイル対策と認知症対策が連動しているという東洋医学の考え方も共有させていただきました。また、脳血流量の改善(健脳)を目的としたツボもご紹介し、最後に本日ご紹介したそれぞれのツボへの刺激の仕方について一緒に実践していただきました。


【認知症予防講座の様子】

     

     

     

写真1:受付スタート
写真2:講座前の医療面接&バイタルチェック
写真3:神奈川衛生学園専門学校 新井恒紀学校長による開講の挨拶
写真4:兵頭先生による認知症予防講座スタート
写真5~写真9:学生による取穴サポート


【フレイル予防講座の様子】 セラバンドエクササイズ

     

     

     

写真1:朝日山先生によるエクササイズ講座スタート
写真2~写真8:学生によるエクササイズ・サポートの様子
写真9:お疲れ様でした!


[案内チラシPDF]
※募集は終了いたしました。


神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.04.09

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 ご案内~


◆東洋医学 一般公開講座のご案内

主催:神奈川衛生学園専門学校
日程:5月15日(火) 6月12日(火) 7月10日(火) 9月11日(火)
  11月13日(火) 12月11日(火) 1月15日(火) 2月12日(火)
時間:10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校

講座一覧:
5/15 ツボ講座①&体力測定、経絡ストレッチ
6/12 ツボ講座②&チェアエクササイズ
7/10 認知症予防講座①&ラダー運動
9/11 認知症予防講座②&セラバンドエクササイズ
11/13 食養生講座①&チェアエクササイズ
12/11 食養生講座②&ラダー運動
1/15 お灸講座①&セラバンドエクササイズ
2/12 お灸講座②&体力測定、経絡ストレッチ

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.05.21

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:5月15日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校 3号館2階実技室2
テーマ:ツボ講座①&体力測定、経絡ストレッチ


講師:
 太田祐志  (後藤学園中医学研究所研究員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 朝日山一男(神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))
 大西千佳 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))
 岩倉 瞳 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))
 三井健太郎 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))
 西村辰也  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、
       認知症Gold-QPDシルバーコース修了)


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

     
写真7                写真8               写真9

     
写真10                写真11               写真12

写真1:講座前の血圧測定、体調チェック(西村先生他)
写真2:神奈川衛生学園専門学校 田山盛二主事挨拶
写真3:ツボ講座(太田先生)
写真4:ツボのとり方指導(太田先生)
写真5:ツボのとり方指導(朝日山先生)
写真6:経絡ストレッチ指導1(朝日山先生)
写真7:経絡ストレッチ指導2(朝日山先生)
写真8:タイムup and go テスト(朝日山先生)
写真9:長座体前屈測定(岩倉先生)
写真10:ファンクショナルリーチ測定(大西先生)
写真11:5m歩行測定(三井先生)
写真12:握力測定(太田先生)


TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.06.25

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:6月12日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:ツボ講座②&チェアエクササイズ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)


講師:
 太田祐志  (後藤学園中医学研究所研究員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 朝日山一男(神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))
 飯野 享 (神奈川衛生学園専門学校専任教員 東洋医療総合学科 学科長補佐)
 鈴木 啓 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))
 曽川小百合 (神奈川衛生学園専門学校専任教員)


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

     
写真7                写真8               写真9

     
写真10                写真11               写真12

写真1:受付け開始
写真2:講座前の血圧測定、体調チェック(曽川先生他)
写真3:ツボ講座スタート(太田先生)
写真4:ツボのとり方指導(曽川先生)
写真5:ツボのとり方指導(飯野先生)
写真6:ツボのとり方指導(鈴木先生)
写真7:ツボのとり方指導(朝日山先生)
写真8:脳血流改善のツボ(風池)の押しかた指導(太田先生)
写真9:チェアエクササイズ講座スタート(朝日山先生)
写真10:チェアエクササイズ実践①(朝日山先生)
写真11:チェアエクササイズ実践②(朝日山先生)
写真12:チェアエクササイズ実践③(朝日山先生)


TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.07.23

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:7月10日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:認知症予防講座①&ラダー運動
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)


講師:
 兵頭 明  (後藤学園中医学研究所所長)
 朝日山一男(神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))
 笹倉淳子 (神奈川衛生学園専門学校専任教員 東洋医療総合学科 学科長)
 太田祐志  (後藤学園中医学研究所研究員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 西村辰也  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 曽川小百合 (神奈川衛生学園専門学校専任教員)


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

     
写真7                写真8               写真9

     
写真10                写真11               写真12

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.10.15

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:9月11日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:認知症予防講座②&セラバンドエクササイズ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)


講師:
 兵頭 明  (後藤学園中医学研究所所長)
 朝日山一男 (神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))
 太田祐志  (後藤学園中医学研究所研究員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 西村辰也  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 大西千佳  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))
 鈴木 啓  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))


     

     

     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.11.26

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:11月13日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:食養生講座①&チェアエクササイズ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)


講師:
 太田祐志  (後藤学園中医学研究所研究員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 朝日山一男 (神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))
 飯野 享 (神奈川衛生学園専門学校専任教員 東洋医療総合学科 学科長補佐)
 曽川小百合 (神奈川衛生学園専門学校専任教員)
 青木昌美 (神奈川衛生学園専門学校専任教員)
 大西千佳  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))

【コメント】
 今回の「食養生講座①&チェアエクササイズ」には、お一人おひとりの参加者の学習効果をアップしていただくために、学生さん達が取穴のサポート&エクササイズのサポートをさせていただきました。 学生さん達も一般の方々との触れ合いの機会を得て、活き活きとサポートをしていました。

【食養生講座の様子】

     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

写真1:開講前のバイタルチェック
写真2:東洋医療総合学科 田山盛二主事開講の挨拶
写真3:太田祐志先生による食養生講座スタート
写真4:学生による取穴サポートの様子
写真5:学生による取穴サポートの様子
写真6:学生による取穴サポートの様子


【チェアエクササイズ講座の様子】

     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

写真1:朝日山一男先生によるチェアエクササイズ講座スタート
写真2:チェアエクササイズの様子
写真3:学生によるチェアエクササイズのサポート
写真4:学生によるチェアエクササイズのサポート
写真5:学生によるチェアエクササイズのサポート
写真6:朝日山先生によるエクササイズのまとめ

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2019.02.18

~平成30年度 東洋医学 一般公開講座 開催~




◆東洋医学 一般公開講座開催


主催:神奈川衛生学園専門学校
後援:横須賀市
日時:2月12日(火)  10:30~12:00 (受付 10:15~)
会場:神奈川衛生学園専門学校3号館・多目的ホール
テーマ:落語健康講座&体力測定、経絡ストレッチ
    ※東洋医学で介護予防 ゼンシン体操ポスターPDF(社団法人全日本鍼灸マッサージ師会)


◆落語健康講座
講師:極楽亭とんぼ(横浜出前落語会 会長)

【落語健康講座の様子】

     


◆体力測定&経絡ストレッチ

講師:
 朝日山一男 (神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、アスレティックトレーナー(AT))
 太田祐志  (後藤学園中医学研究所研究員、認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
 三井健太郎 (神奈川衛生学園専門学校専任教員 アスレティックトレーナー(AT))
 大西千佳  (神奈川衛生学園専門学校専任教員、アスレティックトレーナー(AT))
 曽川小百合 (神奈川衛生学園専門学校専任教員)
 青木昌美  (神奈川衛生学園専門学校専任教員)

【体力測定&経絡ストレッチの様子】

     

     

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2017.12.04

~平成29年度 東洋医学 一般公開講座~


◆ちょきん運動プロジェクト(秋) ~筋肉を貯めて元気でいよう!~

主催:神奈川衛生学園専門学校
日時:9月26日(火) 10:15~12:00
会場:神奈川衛生学園専門学校 多目的ホール
講師:宅野栄子先生、太田祐志先生
テーマ:ちょきん運動プロジェクト(秋) ~筋肉を貯めて元気でいよう!~
内容:ストレッチ・エクササイズ、転倒予防に役立つツボをご紹介♪

[案内チラシPDF]


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

写真1:ストレッチ
写真2:チェアエクササイズの様子
写真3:チェアエクササイズの様子
写真4:チェアエクササイズの様子
写真5:チェアエクササイズの様子
写真6:東洋医学ミニ講座(転倒予防のツボ講座)

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2017.12.04

~平成29年度 東洋医学 一般公開講座~


◆ツボ講座 ~誰でも簡単!!ツボを使ったセルフケア~

主催:神奈川衛生学園専門学校
日時:10月18日(水) 10:30~12:00
会場:神奈川衛生学園専門学校
講師:兵頭 明(学校法人後藤学園中医学研究所所長)
テーマ:認知症予防講座 ~ツボを使って認知症を予防しよう!~
内容:認知症は生活習慣病!! その予防とは? 認知症予防のツボ講座♪

[案内チラシPDF]


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

     
写真7                写真8               写真9

写真1:神奈川衛生学園専門学校 新井恒紀学校長の開会挨拶
写真2:配布資料
写真3:講演会の様子
写真4:太陽というツボの取りかた指導
写真5:太陽というツボの取りかた指導(太田祐志先生)
写真6:太陽というツボの取りかた指導(西村辰也先生)
写真7:風池というツボの取りかた指導
写真8:風池というツボの取りかた指導
写真9:神奈川衛生学園専門学校 田山盛二主事の閉会挨拶

TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2017.11.27

~平成29年度 東洋医学 一般公開講座~


◆ツボ講座 ~誰でも簡単!!ツボを使ったセルフケア~

主催:神奈川衛生学園専門学校
日時:11月14日(火) 10:30~12:00
会場:神奈川衛生学園専門学校
講師:太田祐志 (後藤学園中医学研究所研究員、
        神奈川衛生学園専門学校専任教員)
   西村辰也 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、
        認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
   鈴木 啓 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、
        アスレティックトレーナー(AT))
テーマ:ツボ講座
    ~誰でも簡単!!ツボを使ったセルフケア~
内容:東洋医学の考え方とは?
   肩こり・腰痛に効くツボはここだ!!
   ツボを使ったセルフケア、教えます♪

[案内チラシPDF]


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

写真1:講義の様子
写真2:講義の様子
写真3:ツボ・シールの貼りかた指導
写真4:ツボ風池の取りかた指導
写真5:ツボの取りかた指導
写真6:ツボの取りかた指導


TOPへ戻る

神奈川衛生学園専門学校 地域連携事業2018.02.26

~平成29年度 東洋医学 一般公開講座~


◆お灸講座 ~じんわり・あったか健康長寿のお灸講座~

主催:神奈川衛生学園専門学校
日時:2月13日(火) 10:30~12:00
会場:神奈川衛生学園専門学校
講師:太田祐志 (後藤学園中医学研究所研究員、
        神奈川衛生学園専門学校専任教員)
   三井健太郎(神奈川衛生学園専門学校専任教員、
        アスレティックトレーナー(AT))
   西村辰也 (神奈川衛生学園専門学校専任教員、
        認知症Gold-QPDシルバーコース修了)
テーマ:お灸講座
    ~じんわり・あったか健康長寿のお灸講座~
内容:お灸って何?
   実際にお灸をやってみよう!!
   ご自宅での「せんねん灸」について♪

[案内チラシPDF]


     
写真1                写真2               写真3

     
写真4                写真5               写真6

写真1:神奈川衛生学園専門学校 新井恒紀学校長挨拶
写真2:神奈川衛生学園専門学校 田山盛二主事挨拶
写真3:太田先生による講義の様子
写真4:お灸の仕方の指導(太田祐志先生)
写真5:お灸の仕方の指導(三井健太郎先生)
写真6:お灸の仕方の指導(西村辰也先生)



TOPへ戻る

Designed by CSS.Design Sample