後藤学園創立65周年記念

後藤学園中国交流35年史

2.調印関係

2017年10月9日
 天津中医薬大学と新学術交流協議書調印
 
 
 

2007年8月27日
 北京中医薬大学と編入学意向書調印[後藤理事長、新井局長、兵頭部長]
 
8月28日
 天津中医薬大学と編入学協議書調印[後藤理事長、新井局長、兵頭部長]
12月13日
 北京中医薬大学と編入学協議書調印

2004年9月19日
 天津中医学院、後藤学園、バークレー鍼・統合医療専門職大学院の
 3校による学術提携協議書調印

2003年3月28日
 天津中医学院張伯礼校長と後藤学園後藤修司学園長による
 学術交流合作会談備忘録を交わす

1995年9月12日
 北京中医薬大学龍致賢校長、国家中医薬管理局濮伝文処長、
 沈連生教授、王海祥副教授来校
 北京中医薬大学と後藤学園の第二次学術交流協議書を交わす

1992年10月24日
 後藤学園・天津中医学院ダブルカレッジ大学院修士課程コース設立
 に関する覚書
に調印

1991年5月17日
 三校学術・教育交流覚書調印[後藤学園、北京中医学院、ACTCM]

1991年5月16日
 三校姉妹校調印[後藤学園、天津中医学院、ACTCM]

1989年1月23日
 天津中医学院高金亮校長と後藤学園後藤修司学園長による
 中医学教材制作等に関する学術交流協議書調印

(天津中医学院代表:劉公望教授)

1987年8月14日
 天津中医学院高金亮校長と後藤学園後藤修司学園長による
 両校姉妹校協議書調印

1987年3月9日
 天津中医学院高金亮校長と後藤学園後藤修司学園長による
 学術交流協議書調印

1983年8月1日
 北京中医学院高鶴亭校長と後藤学園後藤修司学園長による
 長期学術交流合作協議校覚書調印

一番上へ


3、中国研修旅行

2018年8月21日~28日
 第32回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]


>> 詳細はこちら

2017年8月22日~29日
 第31回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]


>> 詳細はこちら

2016年8月23日~30日
 第30回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]


>> 詳細はこちら

2015年8月18日~25日
 第29回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]


>> 詳細はこちら

2014年8月19日~26日
 第28回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]


>> 詳細はこちら

2013年8月20日~27日
 第27回中医鍼灸学学生研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]
  夏休み期間の8月20日~27日の8日間、第27回「中国研修旅行」のため、
 天津・北京へ行って来ました。
 東洋医療総合学科(東京校・神奈川校)と臨床教育専攻科の最終学年を対象として
 実施しています。
 研修のメインプログラムは、北京中医薬大学附属東直門医院、
 天津中医薬大学第一附属医院で行う臨床実習。
 大学教授やドクターによる鍼灸治療を見学し、指導を受けます。


研修修了後記念写真(天津中医薬大学)


中国工程院院士 石学敏天津中医薬大学第一附属医院名誉院長と再開


天津中医薬大学高秀梅副校長(左二)


美容鍼灸講座受講の様子(北京中医薬大学)

2012年8月21日~28日
 第26回中医鍼灸学学生研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]
   光畑学科長、兵頭所長が参加

(天津中医薬大学 第一附属医院前にて)


(研修風景 陸先生を囲んで)


(研修修了証授与式)


(天安門広場にて)

2011年8月16日~23日
 第25回中医鍼灸学学生研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]
   光畑学科長、兵頭所長が参加

(第25回中医鍼灸学学生研修団:天安門広場にて)

(中央:兵頭所長、韓景献教授)


(天津中医薬大学 陸小左教授を囲んで(段中央))
 
(前中央左から、北京中医薬大学 王海祥教授、鄥継紅教授)

(天津中医薬大学 応森林院長を囲んで(中央右))

2010年8月17日~25日
 第24回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]

2009年8月16日~23日
 第24回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]
 中国にて鳥インフルエンザ流行のため中止

2008年3月24日~31日
 第23回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]
 3月28日 北京にて第2回編入学連絡会議を開催
       田山学科長、長谷川学科長、兵頭部長が参加

2007年8月22日~29日
 第22回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医薬大学]
 8月27日 北京中医薬大学と編入学意向書調印[後藤理事長、新井局長、兵頭部長]
 8月28日 天津中医薬大学と編入学協議書調印[後藤理事長、新井局長、兵頭部長]

2006年10月12日~15日 天津にて学術交流
  10月13日 世界中医薬連合学会教育指導委員会設立大会に参加
    後藤修司理事長大会副会長に就任、兵頭明部長大会理事に就任
  10月14日 天津中医薬大学昇格記念式典に参加
  10月14日~15日 
    第5回中国天津国際中医薬学術交流会・第9回鍼灸国際学術交流会に参加
    後藤修司理事長大会学術委員会副主席、兵頭明部長大会組織委員会副主席

2006年9月14日~17日
 北京にて開催された国際中医伝統医学教育論壇に参加[後藤修司理事長、兵頭明部長]
 北京中医薬大学創立50周年記念式典参加[後藤修司理事長、兵頭明部長]

2006年8月21日~28日
 第21回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医学院]

2005年8月23日~30日
 第20回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医学院]

2004年9月25日
 天津中医学院第1附属病院創立50周年記念大会[後藤治久神奈川衛生学園学校長]

2004年9月20日
 北京にて北京中医薬大学鄭守曽校長と交流会議[後藤修司理事長、兵頭明部長]

2004年9月17日~20日
 天津第4回国際中医薬学術交流会議参加[後藤修司理事長、兵頭明部長]

2004年8月23日~8月30日
 第19回学生中医鍼灸研修団[北京中医薬大学、天津中医学院]

2004年6月24日~6月26日
 天津中医学院[交流会議][後藤修司理事長、兵頭明部長]

2003年3月28日~3月30日
 天津中医学院[交流会議][後藤修司学園長、兵頭明部長]

2003年3月4日~3月13日
 第18回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]

2002年12月27日~12月31日
 オスキー身体診察ビデオ撮影のため天津中医学院第1附属医院訪問
 [田山盛二学科長、兵頭明部長、瀬尾港二研究員]

2002年10月24日~10月27日
 天津中医学院[交流会議][後藤修司学園長、兵頭明部長]

2002年4月24日~5月3日
 第17回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]
 4月29日~5月1日天津第6回国際鍼灸・中医臨床学会に参加

2001年10月19日~10月23日
 天津第3回国際中医学術交流会議参加
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

2001年8月15日~8月22日
 兵頭明部長天津中医学院第1附属医院訪問[研修システム視察]

2001年4月24日~5月3日
 第16回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]

2000年4月24日~5月3日
 第15回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]
 第6回天津国際鍼灸・中医臨床学術会議参加

1999年7月8日~7月12日
 ダブルカレッジ修士学位論文審査に参加[天津中医学院]
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

1999年4月24日~5月3日
 第14回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]

1998年10月16日~10月20日
 天津第2回国際中医学術交流会議参加[大学主催]

1998年4月24日~5月3日
 第13回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]
 天津第5回国際鍼灸・中医臨床学術大会参加[病院主催]

(第13回学生中医鍼灸研修団:天津中医学院第一附属医院の先生方と記念撮影)

(第13回学生中医鍼灸研修団:天安門広場にて(東京衛生学園学生))

(天津第5回国際中医鍼灸臨床学術大会開幕式議長席団の後藤理事長(左2人目))

1997年4月24日~5月3日
 第12回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]

1996年10月17日~10月21日
 天津第1回国際中医学術交流会議参加[大学主催]

1996年9月1日~9月7日
 北京中医薬大学創立40周年記念式典に参加
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

1996年4月24日~5月3日
 第11回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]
 天津第4回国際鍼灸臨床研究学術大会[病院主催]

(第11回学生中医鍼灸研修団:天津第4回国際鍼灸臨床学術大会に参加)

(第11回学生中医鍼灸研修団:北京中医学院にて耳穴治療の講習)

第11回学生中医鍼灸研修団:天津中医学院第一附属医院前にて(神奈川衛生学園学生))

第11回学生中医鍼灸研修団:万里の長城にて

1995年9月28日~10月1日
 天津訪問[交流会議]戴錫孟校長、石学敏院長と会談
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

1995年4月24日~5月3日
 第10回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]

(第10回学生中医鍼灸研修団:天津中医学院第一附属医院にて
 醒脳開竅法治療により社会復帰した患者さんたちと交流)


第10回学生中医鍼灸研修団:天安門広場にて

1995年3月24日~4月3日
 天津中医学院第1附属医院院長石学敏教授と訪米
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]
 カリフォルニア州立大学ロングビーチ校、ACTCMと中医学学術交流

1994年4月24日~5月3日
 第9回学生中医鍼灸研修団[北京中医藥大学、天津中医学院]
 天津第3回国際鍼灸臨床学術会議参加

1993年9月14日~9月18日
 世界医学気功学会理事会[北京][後藤修司学園長、兵頭明部長]

1993年4月24日~5月3日
 第8回学生中医鍼灸研修団[北京中医学院、天津中医学院]

(第8回学生中医鍼灸研修団:天津中医学院第一附属医院正面玄関にて)

第8回学生中医鍼灸研修団:北京中医学院東直門医院にて

第8回学生中医鍼灸研修団と北京中医学院教職員との交歓会で挨拶に立つ後藤理事長

第8回学生中医鍼灸研修団:北京中医学院との交歓会にて北京中医学院教職員の先生方と

1992年8月8日~8月15日
 第11回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]

1992年4月25日~5月4日
 第7回学生中医鍼灸研修団[北京中医学院、天津中医学院]
 第2回天津国際鍼灸臨床学術会議参加[病院主催]
(第7回学生中医鍼灸研修団:天津中医学院研究等前にて)

(北京市:北京中医学院東直門医院にて)

(第2回天津国際針灸臨床学術会議にて挨拶する後藤修司理事長)

1991年10月18日~10月22日
 世界医学気功学会および理事会参加のため北京訪問
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]
 国際伝統医薬大会参加

1991年8月4日~8月14日
 第10回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]
 第6回学生中医鍼灸研修団[北京中医学院、天津中医学院]

(第10回後藤学園中医鍼灸研修団:天津中医学院第一附属医院にて陳玉辰先生の推拿治療を見学)

1991年5月14日~5月17日
 天津中医学院訪問[調印パーティ]
 天津中医学院第1附属医院開院式参加[後藤修司学園長、兵頭明部長]

1990年7月28日~8月6日
 第9回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]
 第5回学生中医鍼灸研修団[北京中医学院、天津中医学院]

1989年11月14日~11月17日
 世界医学気功学会設立大会参加[北京]
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

1989年5月1日~5月8日
 天津第1回国際鍼灸臨床学術会議に参加[病院主催]

1988年10月9日~10月16日
 第1回医用気功学術交流世界会議(発起国)参加のため訪中[北京]
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

1988年8月14日~8月23日
 第7回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院][8月14日帰国]
 第3回学生中医鍼灸研修団[8月23日帰国]
 [北京中医学院、天津中医学院、南京中医学院、上海中医学院]

1988年5月1日~5月8日
 天津中医学院視察研修団、醒脳開竅法修得学習ツアー

1988年2月1日~2月3日
 世界医学気功学会参加[北京][後藤修司学園長、兵頭明部長]

1987年11月22日~11月27日
 世界鍼灸連合学会参加[北京][後藤修司学園長、兵頭明部

1987年8月11日~8月20日
 第6回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]
 第2回学生中医鍼灸研修団
 [北京中医学院、天津中医学院、南京中医学院、上海中医学院]

(第2回学生中医鍼灸研修団:天津中医学院第一附属医院前で記念撮影)

1986年11月1日~11月6日
 北京中医学院創立30周年記念式典参加
 [後藤修司学園長、兵頭明部長]

1986年8月12日~8月25日
 第5回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]
 第1回学生中医鍼灸研修団
 [北京中医学院、天津中医学院、南京中医学院、上海中医学院]

1985年11月21日~11月26日
 第1回日中内経学術交流会参加[天津][兵頭明部長]

1985年8月18日~8月25日
 第4回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]

1985年4月24日~5月2日
 日中内経学術交流会開催地視察団
 [島田隆司、後藤修司、戸部雄一郎、山本勝曠、兵頭明、鈴木洋]
 上海、南京、天津、北京の各中医学院訪問

1984年10月21日~10月31日
 中日友好医院開院式参加[後藤修司学園長、兵頭明部長]
 10月23日中日友好医院開院式

1984年8月5日~8月12日
 第3回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]

1983年7月31日~8月7日
 第2回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]

1982年8月20日~8月28日
 第1回後藤学園中医鍼灸研修団[北京中医学院]



後藤学園中国交流30年史
 1、中国との交流史
 2000年代1990年代1980年代
 2、調印関係  3、中国研修旅行